学習と教育を支援する通販会社-YTT Net    YTT Net 通販サイト

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net, LLC

トップ > 世界大百科事典 全34巻 > page1 > page3 > page4

世界大百科事典 part-2

インテリジェント・カラー図版と細部までわかるモノクロ図版

カラー写真もただの挿絵に終わらせません。
項目の関わり方を中心に、時代性や地域性、宗教などの多様な視点から選ばれた図版(専門のイラストレーターによる緻密なモノクロ図版)が、項目の理解を様々な角度から高めてくれます。

こだわりの世界大百科事典

世界大百科事典 「世界大百科事典」がこだわっているのは、中身・内容だけではありません。
世界大百科事典各巻1冊の重さを軽減する為に、印刷時に裏写りしない限界まで薄くしなければなりません。
しかしながら、薄すぎてもページ数が多いので、使用中に頁が切れてしまったりしても困ります。
そこで、この世界大百科事典のためにだけに紙屋さんに特別な用紙を用意して頂いております。
又、装丁にもこだわりを持って製作しております。
「世界大百科事典」の文字(金色)等は、色が剥げないように特殊加工を施し、年数が経っても色褪せないよう工夫がされているのです。
大変なこだわりや工程を経てお客様の手へと届けられている「世界大百科事典」をぜひ、ご実感下さい。

統計と資料で知る情報バンク、グレードアップした『百科便覧』

今回の改訂で最も充実させたのがこの「百科便覧」。世界や日本の最新の現勢を統計編と資料編の2部構成で紹介。
あらゆるジャンルの数値を網羅し、暮らしに即した情報から世界遺産などのグローバルな情報までを集録しました。

42万もの検索項目、百科辞典最大の『索引』巻

索引巻は、本文索引40万(和文30万、欧文10万)、カラー図版索引2万。索引項目数の多さは、引きやすさの目安です。
欧文索引には、英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・アラビア語などの諸語を記載しています。

夢が広がる世界と日本の最新地図帳

美しさと精密度で、地図製作の最高水準をいく本格的アトラス『世界地図』。4万2,000地名を網羅したアトラス『日本地図』。2007年10月1日現在の市町村合併状況を反映。


世界大百科事典はあらゆる年代の方へお使いいただけます。


世界大百科事典 どなたでも、わからない事柄を知りたいと思われると思います。それは、老若男女問わずに、共通した欲求です。
その欲求に答えてくれるのが「世界大百科事典」であると自負しております。
難しい字の読めない子どもには無理だとお考えになられるかと存じますが、そのような時は、大人の方がぜひ、読んで上げて欲しいと思います。
子どもには難しいと思われる記述は、わかりやすい言葉に置き換えて疑問に答えて上げて欲しいと存じます。
そういった事からも「世界大百科事典」は、あらゆる年代の方への虎の巻、又は知恵袋と言えるのではないでしょうか。
ぜひ、この「世界大百科事典」をご自宅に置かれて、末永くお使いいただきたいと存じます。

なぜ、IT時代なのに冊子の百科事典なのでしょうか?
現在、IT時代を反映してインターネット上でもウィキペディアという百科事典がオープンソースにて見ることができます。
どうして、簡単にしかも、無料で項目が調べられるのに「世界大百科事典」は売れているのでしょうか。
それは、平凡社の百科事典への取り組みの歴史への信頼以外にも、上に列挙しました豪華執筆陣の信頼性であると考えます。
ウィキベディアである項目を調べて、それをもとに試験等に望んだ時、仮にその情報が間違っていた場合を考えて頂ければお解かりいただけるかと存じます。
その場合の責任は、自己責任、という事は言うまでも無い事です。
しかしながら、「世界大百科事典」の項目は、全て執筆陣又は、編集部の責任編集となっており、記述において責任をもっております。
ですので、信頼のある情報源としてこの「世界大百科事典」は、時代に受け入れられていると思います。

世界大百科事典のカタログ

世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典
PDF PDF PDF PDF PDF
世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典 世界大百科事典
PDF PDF PDF
クリックで拡大  PDF:クリックでPDFファイルで見る
実際のカタログのサイズと違います事をご了承ください。
PDFファイルでもご覧になれます。上記PDFをクリック下さい。
PDFファイルをご覧になる場合は、Adobe Readerがインストールされていなければご覧になれません。無償ダウンロードをご利用の方は、こちら まで。


⇒次ページ

通販サイト

対象年齢別カテゴリー

お客様別カテゴリー

 字書三部作

ページのトップへ戻る