学習と教育を支援する通販会社-YTT Net    YTT Net 通販サイト

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net, LLC

トップ > 渋沢栄一 全2巻

BOOK 渋沢栄一 全2巻


渋沢栄一 |学習と教育を支援する通販会社-YTT Net


 商品NO:BSH-746
 A4変,新書判/160~240頁
 発行:2020.11,2020.12
メールで商品を申し込む


「日本資本主義の父」と評される渋沢栄一。 日本に近代的資本主義の基礎を築いた業績と思想を再評価し、その波乱万丈な人生と時代背景を豊富な資料と図版とともに辿る。

・渋沢栄一 天命を楽しんで事を成す ・渋沢栄一 変わり身の早さと未来を見抜く眼力



渋沢栄一 全2巻 内容詳細




 渋沢栄一 天命を楽しんで事を成す

 クリックで拡大
渋沢栄一|学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
明治維新の日本に近代的資本主義の基礎を築き、「日本資本主義の父」と呼ばれるに至った渋沢栄一。
その足跡と時代背景を豊富な資料と図版とともに辿り、国の発展に尽くした実業家の生き方に迫る。
監修:鹿島茂/A4変判/160頁/発行:2020.12



渋沢栄一|学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 渋沢栄一
 変わり身の早さと未来を見抜く眼力

「日本資本主義の父」と評される渋沢栄一。
経済学者としての視点を中心に、さまざまな角度からその真の姿に迫る。
著者:橘木俊詔/新書判/240頁/発行:2020.11

渋沢栄一の人生は波乱万丈そのものである。
農民から武士となり、尊王攘夷論者でありながら幕臣に転身。
フランス滞在で経済発展の基礎を学び、大蔵省の役人も経験する。
その後は民間経済人として、銀行経営や数多くの企業の設立に携わり、「日本資本主義の父」と賞賛される大人物となるのだ。そんな渋沢をいま冷静に再評価するとき、新たな一面が見えてきた。
社会福祉や教育界への関与、植民地での経済活動などあらゆる角度から、渋沢の真の姿を改めて浮き彫りにする。

目次

はしがき
序 章 渋沢栄一の生涯を振り返る
生い立ちと子ども時代/幕末を生きた青年期/フランス滞在記/静岡での生活と大蔵省の役人として/民間経済人になる
第1章 大きな影響をもたらした「大蔵省」時代
「官」の持つ絶大な権力を知る/日本で初めて公債を発行する/均衡財政を堅持する/複式簿記の導入を推し進める/大蔵省で学んだ良きこと悪しきこととは
第2章 フランス滞在で学んだこと
2回にわたるパリ万国博覧会/空想的社会主義者アンリ・ド・サン゠シモン/ミシェル・シュバリエ/栄一がフランスで具体的に学んだこと
第3章 銀行業を中心にした経営者として
第一国立銀行を設立する/国立銀行条例の改正/銀行業が発展した時代/恐慌による紙幣回収と金本位制の弊害/なぜ株式会社方式と銀行が重要であったか/財界指導者としての役割と取引所の開設/岩崎弥太郎との争い/銀行業以外の企業設立と経営
第4章 弱者の味方だったのか
経営側が強く労働側が弱かった時代/栄一はなぜ、一転して「工場法」に賛成したのか/中立的な立場をとった労働組合への対応/協調会を設立して労使の協調を図ったが/卓越した寄付金集めと東京養育院/評価の分かれる中央慈善協会での会長職/武藤山治と大原孫三郎
第5章 教育への取り組み
教育者か、学校設立者か、学校管理者なのか/栄一の思想の根底には/「道徳経済合一説」という独自の考え方/『論語と算盤』/江戸期と明治時代初めの商業教育/商法講習所の創設/商法講習所での教育と経営形態/矢野二郎という人物/明治時代の女子教育/女子教育の思想/巌本善治と成瀬仁蔵/成瀬仁蔵・渋沢栄一と日本女子大学校/どのような書物に影響を受けてきたか
第6章 経済政策と民間外交
鉄道業における民か公か/軍事費の拡大には反対であった栄一だが/韓国併合の歴史/植民地主義者とみなされても仕方がない/保護主義への転換/たび重なるアメリカ訪問/英独と仏をどう思うようになっていたか
あとがき/参考文献




渋沢栄一 しぶさわえいいち 1840.3.16~1931.11.11

天保11年2月13日(1840.3.16)、現在の埼玉県深谷市血洗島の農家に誕生。
家業の畑作、藍玉の製造・販売、養蚕を手伝う一方、幼い頃から父に学問の手解きを受け、従兄弟の尾高惇忠から本格的に「論語」などを学ぶ。 「尊王攘夷」思想の影響を受けた栄一や従兄たちは、高崎城乗っ取りの計画を立てましたが中止し、京都へ。
郷里を離れた栄一は一橋慶喜に仕えることになり、一橋家の家政の改善などに実力を発揮する。 栄一は27歳の時、15代将軍となった徳川慶喜の実弟・後の水戸藩主、徳川昭武に随行しパリの万国博覧会を見学するほか欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通ずることになる。
明治維新となり欧州から帰国した栄一は、「商法会所」を静岡に設立、その後明治政府に招かれ大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わる。 1873(明治6)年に大蔵省を辞した後、栄一は一民間経済人として活動。そのスタートは「第一国立銀行」の総監役(後に頭取)。 栄一は第一国立銀行を拠点に、株式会社組織による企業の創設・育成に力を入れ、また、「道徳経済合一説」を説き続け、生涯に約500もの企業に関わったといわれる。
栄一は、約600の教育機関・社会公共事業の支援並びに民間外交に尽力し、多くの人々に惜しまれながら1931(昭和6)年11月11日、91歳の生涯を閉じる。


»通販サイトへ

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

通販サイト

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

商品ソフト別

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

対象年齢別カテゴリー


お客様別カテゴリー



学習と教育を支援する通販会社-YTT Net


中西進 万葉秀歌を旅する

中西進 万葉秀歌を旅する|学習と教育を支援する通販会社-YTT Net


新元号「令和」が決定するに当たって参考にされた「万葉集」より6~7首を取り上げ、中西先生による歌の詠みと解説、その歌が生まれた土地の風土や歴史についての先生の語りを収録。


学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

ページのトップへ戻る