学習と教育を支援する通販会社-YTT Net    学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net, LLC

トップ > 通し狂言 菅原伝授手習鑑

YTT NetDVD 人形浄瑠璃・文楽
  通し狂言
 菅原伝授手習鑑 全4巻


通し狂言 菅原伝授手習鑑| 学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

クリックで拡大
 商品NO:DNN-549
 DVD4枚組+床本集

 メールで商品を申し込む 

 文楽三大名作「菅原伝授手習鑑」完全収録!学習と教育を支援する通販会社 YTT Net

画面サイズ4:3/モノクロ・カラー/モノラル,ステレオ/英語・日本語字幕ON・0FF機能付/リーフレット付

今は亡き名人、豊竹山城少掾、竹本越路大夫、吉田玉男の名演も収録した決定版。購入特典として床本集を封入。

学問の神様といえば天神様。祀られているのは菅原道真(すがわらのみちざね)です。人形浄瑠璃『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』は道真に関する伝説を元に創作され、江戸時代の延享3年(1746)8月、大坂・竹本座で初演されました。
この頃、人形浄瑠璃は全盛期を迎えており、本作に続き『義経千本桜』が延享4年に、その翌年には『仮名手本忠臣蔵』と、いわゆる三大名作が相前後して産声をあげています。
本作は、平安時代に政治家として活躍した右大臣・菅原道真が、左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)の企みによって京の都から遠く九州・太宰府へ左遷された事件を題材に作られました。
また、初演された夏に大坂の天満で三つ子が生まれ、公儀から褒美を与えられたというトピックスも取り入れ、物語に興趣を添えています。
菅丞相(かんしょうじょう)と藤原時平(ふじわらのしへい)の善悪の対立を軸とする物語。
外題(げだい)にもなっている筆法を弟子に伝授する場面を経て、政争に巻き込まれた親子の苦悩と別れを中心に、ドラマは展開します。
最後に時平とその一味は、謀反の企みを知って荒ぶる雷神と化した菅丞相らに倒され、丞相の霊は天神として祀られます。
忠義と情愛の狭間で苦しむ人間模様が描かれ、勧善懲悪が貫かれたこの作品には、時代を越えて、現代の我々の心にも強く訴えるメッセージが込められています。




通し狂言 菅原伝授手習鑑 収録内容


Disc-1 菅原伝授手習鑑 初段

通し狂言 菅原伝授手習鑑 | 学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
初段
大序 大内の段
豊竹松香大夫、豊竹英大夫、鶴澤叶太郎、菅丞相/吉田栄三、左大臣時平/吉田辰五郎ほか
 (昭和47年5月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/22分・モノクロ)
加茂堤の段
竹本三輪大夫、竹本貴大夫、鶴澤八介、女房八重/桐竹紋寿、舎人松王丸/吉田文吾、舎人梅王丸/吉田玉幸、舎人桜丸/ 桐竹一暢ほか
 (平成8年9月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/22分・カラー)
筆法伝授の段
竹本綱大夫、鶴澤清二郎、菅丞相/吉田玉男、武部源蔵/吉田文雀、女房戸浪/吉田文昇ほか
 (平成8年9月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/62分・カラー)

築地の段
竹本綱大夫、鶴澤清二郎、菅丞相/吉田玉男、武部源蔵/吉田文雀、女房戸浪/吉田文昇ほか
 (平成8年9月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/62分・カラー)
▼あらすじ(←クリックすると“あらすじ”が見られます)


Disc-2 菅原伝授手習鑑 二段目

通し狂言 菅原伝授手習鑑 | 学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
二段目
道行詞甘替
竹本南部大夫、豊竹嶋大夫、野澤松之輔、竹澤団六(現・鶴澤寛治)、舎人桜丸/吉田玉男、苅屋姫/吉田文雀、斎世親王/ 桐竹一暢ほか
 (昭和47年5月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/24分・モノクロ)
安井汐待の段
豊竹呂大夫、鶴澤清治、舎人桜丸/吉田玉男、判官代輝国/豊松清十郎(4代)ほか
 (昭和47年5月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/22分・モノクロ)
杖折檻の段
豊竹咲大夫、豊澤富助、伯母覚寿/吉田文雀ほか
 (平成14年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/30分・カラー)
東天紅の段
豊竹呂大夫、鶴澤清友、土師兵衛/桐竹勘十郎(2代)、立田前/豊松清十郎(4代)、宿祢太郎/吉田玉幸ほか  (昭和58年1月 朝日座・NHK収録映像/16分・カラー)
丞相名残の段
竹本越路大夫、鶴澤清治、菅丞相/吉田玉男、土師兵衛/桐竹勘十郎(2代)、伯母覚寿/吉田文雀ほか
 (昭和58年1月 朝日座・NHK収録映像/71分・カラー)
▼あらすじ(←クリックすると“あらすじ”が見られます)


Disc-3 菅原伝授手習鑑 三段目

通し狂言 菅原伝授手習鑑 | 学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
三段目
車曳の段
豊竹山城少掾、竹本綱大夫(8代)、豊竹つばめ大夫(竹本越路大夫)、竹本津大夫、鶴澤藤蔵、舎人松王丸/吉田難波掾、舎人梅王丸/吉田玉助、舎人桜丸/吉田栄三、時平/吉田玉市ほか
 (昭和34年 NHKスタジオ・NHK収録映像/24分・モノクロ)
茶筅酒の段
竹本伊達大夫、竹澤団七、親白太夫/吉田玉男、ほか
 (平成元年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/33分・カラー)
喧嘩の段
豊竹呂大夫、鶴澤燕二郎(現・鶴澤燕三)、女房千代/吉田文昇、女房春/桐竹紋寿、舎人松王丸/吉田文吾、舎人梅王丸/吉田玉幸ほか
 (平成元年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/15分・カラー)
桜丸切腹の段
竹本越路大夫、鶴澤清治、親白太夫/吉田玉男、舎人桜丸/吉田簑助、女房八重/桐竹一暢ほか
 (平成元年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/49分・カラー)
▼あらすじ(←クリックすると“あらすじ”が見られます)


Disc-4 菅原伝授手習鑑 四・五段目

通し狂言 菅原伝授手習鑑 | 学習と教育を支援する通販会社-YTT Net
四・五段目
四段目 天拝山の段
竹本伊達大夫、鶴澤寛治、菅丞相/吉田玉男、白太夫/桐竹一暢ほか
 (平成14年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/39分・カラー)
北嵯峨の段
豊竹嶋大夫、竹澤団二郎(現・竹澤団七)、松王丸/桐竹亀松、女房八重/吉田簑助、女房春/吉田文雀、御台所/吉田文昇ほか
 (昭和47年5月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/15分・モノクロ)
寺入りの段
竹本緑大夫、竹澤団治(現・竹澤宗助)、女房戸浪/吉田簑助、女房千代/吉田文昇ほか
 (平成元年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/12分・カラー)
寺子屋の段
竹本織大夫(現・竹本綱大夫)、鶴澤燕三(5代)、女房戸浪/吉田簑助、武部源蔵/吉田文雀、女房千代/吉田文昇、松王丸/吉田文吾ほか
 (平成元年4月 国立文楽劇場・NHK収録映像/69分・カラー)
五段目 大内天変の段
豊竹英大夫、野澤勝之輔、舎人桜丸/吉田玉男、左大臣時平/吉田辰五郎、法性坊阿闍梨/吉田文昇、ほか
 (昭和47年5月 国立劇場小劇場・国立劇場公演記録映像/21分・モノクロ)
▼あらすじ(←クリックすると“あらすじ”が見られます)


『菅原伝授手習鑑』の主な登場人物
菅丞相(かんしょうじょう) :
菅原道真がモデル(「丞相」は本来「じょうしょう」と読むが、本作では「しょうじょう」という)。右大臣で、高潔かつ英明な人物故に悲運をたどる。
藤原時平(ふじわらのしへい) :
藤原時平がモデル(実在の「時平」は「ときひら」と読むが、本作では「しへい」という)。左大臣で、菅丞相の政敵。天下を覆そうと狙う。
斎世親王(ときよしんのう) : 真寂法親王がモデル。醍醐天皇の弟。
苅屋姫(かりやひめ) : 菅丞相の養女。
三善清貫(みよしのきよつら) : 時平の側につく公家。
御台所(みだいどころ) :
御台様(みだいさま)とも。菅丞相の正室。なお歌舞伎では「園生の前」(そのうのまえ)などという名が付いているが、原作の浄瑠璃においてはこの人物に名は無い。
菅秀才(かんしゅうさい) : 菅丞相と御台所との間の子。七歳。
武部源蔵(たけべげんぞう) :
以前は菅丞相の家来で、またその書道の弟子でもあったが、過去に問題を起こし丞相に勘当され、現在は寺子屋を開いてそれを身過ぎにしている。
戸浪(となみ) : 源蔵の妻。これも以前腰元として菅丞相の家に仕えていたが、源蔵とともに館を追われた。
左中弁希世(さちゅうべんまれよ) :平希世がモデル。源蔵と同じく菅丞相の書道の弟子。だが丞相が失脚すると時平の側に寝返る。
判官代輝国(ほうがんだいてるくに) : 宇多法皇に仕える情ある武士。流罪となった菅丞相を護送する役目を負う。
覚寿(かくじゅ) : 菅丞相の伯母、苅屋姫の実母で厳格な老女。
立田の前(たったのまえ) : 覚寿の娘で苅屋姫の実の姉。
宿禰太郎(すくねたろう) : 立田の夫。だが父親の土師兵衛とともに時平の側に与し、菅丞相を殺そうとする。
土師兵衛(はじのひょうえ) : 宿禰太郎の父。時平側につく悪人。
梅王丸(うめおうまる) : 三つ子の長男。菅丞相の舎人、腕っ節が強い。
春(はる) : 梅王丸の妻。
松王丸(まつおうまる) : 三つ子の次男。 藤原時平の舎人、兄弟の中の切れ者。
千代(ちよ) : 松王丸の妻。
小太郎(こたろう) : 松王丸と千代の子。
桜丸(さくらまる) : 三つ子の三男。斉世親王の舎人で、優しい気立て。
八重(やえ) : 桜丸の妻。
四郎九郎(しろくろう) :
百姓で三つ子の父親。七十の祝いに白太夫(しらたゆう)と改名する。菅丞相の所領である佐太村で隠居生活を送っている。三つ子は菅丞相の計らいで貴人の舎人(牛車の牛飼)となった。


»通販サイトへ

通販サイト

対象年齢別カテゴリー

お客様別カテゴリー

 世界大百科事典 全34巻

 字書三部作

中西進 万葉秀歌を旅する

ページのトップへ戻る