学習と教育を支援する通販会社-YTT Net    学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net, LLC

トップ > 楽市楽座はあったのか

BOOK 楽市楽座はあったのか


楽市楽座はあったのか|学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 商品NO:BSH-543
 四六判/356頁/発行:2020.2

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 ▶ソフト別商品

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 ▶対象年齢別カテゴリー
 ▶お客様別カテゴリー

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

楽市楽座はあったのか 内容詳細



自由かつ平等な空間を実現する〈信長の専売特許〉政策とされてきた「楽市楽座令」。
中世から近世の転換期に何をもたらし、何を残したのか。通史上の新しい位置づけを試みる。
   著者:長澤伸樹

楽市・楽座 らくいち・らくざ
安土桃山時代(戦国時代 後期)において、織田信長などの各地の戦国大名などにより、支配地の市場で行われた経済政策である。楽市令または楽市・楽座令とも呼称される。「楽」とは規制が緩和されて自由な状態となった意味。
楽市令は諸特権の保障により自由な商売を認める市場振興政策であるとされる。「楽座」は楽市令の対象となった市場に限定して、座による商売の独占を否定し、楽市令をより強化する政策である。織田信長によって行われたものが有名であるが、六角氏や北条氏、今川氏の行った楽市令が出されていたとも 。
ページのトップへ戻る