学習と教育を支援する通販会社-YTT Net    学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net, LLC

トップ > 宇喜多秀家 秀吉が認めた可能性

BOOK 宇喜多秀家 秀吉が認めた可能性


宇喜多秀家|学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 商品NO:BSH-544
 四六判/288頁/発行:2020.9

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 ▶ソフト別商品

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

 ▶対象年齢別カテゴリー
 ▶お客様別カテゴリー

学習と教育を支援する通販会社-YTT Net

宇喜多秀家 秀吉が認めた可能性 内容詳細



若くして豊臣政権の「五大老」に大抜擢された宇喜多秀家。
その人物像の再評価を試み、中近世移行期の特徴を浮き彫りにする。
   著者:大西泰正

宇喜多秀家 うきた ひでいえ 1572年~1655年
父・直家の代に下克上で戦国大名となった宇喜多氏における、大名としての最後の当主である。豊臣政権下(の末期)の五大老の一人で、家督を継いだ幼少時から終始、秀吉に重用されていた。
関ヶ原の戦いで西軍について敗れて八丈島へ流刑。所領を失うまで、備前岡山城主として備前・美作・備中半国・播磨3郡の57万4,000石を領していた。関ヶ原を戦った大名の中では、最も遅くに没し後々の時代まで生きながらえていた人物である。
ページのトップへ戻る